入浴剤おすすめランキング - 入浴剤の総選挙

入浴剤の総選挙

人気の入浴剤

水素のめぐり湯のレビュー。脱塩素で保湿効果が高そう

更新日:

「水素を身体に取り込むと良い」というのは聞いたことがあるけれど、入浴剤で水素を取り入れたら、そもそもどのような効果があるのか?と疑問に思いながら、「水素のめぐり湯」という入浴剤を入れて入浴してみました。

今回使った、水素のめぐり湯という入浴剤は、真っ白な粉で、匂いもとくになし。お湯の中に入れると、うっすらと白くなる程度でかなり白い感じではありませんでした。香りがないので、白いお湯に浸かっているというような感じがします。

入浴剤パッケージ

入浴剤の中身

水素のめぐり湯の中身

入浴剤を入れる前

お風呂

入浴剤を入れた後
水素のめぐり湯を入れたお風呂の湯

水素のめぐり湯を入れえると、白く濁るのが分かると思います。

活性化酸素を減らしてくれるのがうれしい

水素には、活性酸素を減らすという効果があります。

活性酸素は私たちが日々生活をすると身体に溜まっていくとされていますが、身体に溜まって酸化が進み、錆びていくと体調不良や廊下が促進されるともいわれています。その活性酸素を水素で減らすことができるのです。

この入浴剤には、水素はもちろん、美容成分のコラーゲンやシリカが含まれています。

水素入浴によって、皮膚からだけでなく、呼気からも水素を取り入れることができ、活性酸素を除去しつつ、バリア機能を高めてくれる効能のあるものでした。さらに、温泉成分である硫酸ナトリウムや、塩素を除去するグリシンも配合されています。

塩素の中和が保湿効果にプラス

グリシンには、お風呂の中にある塩素を中和してくれ、肌の保湿効果が上がると考えられています。

特に、最近水素水と同様に話題になっているもので、シリカ水というものがありますが、この入浴剤にもシリカが含まれているので、美容に良さそうだというのが期待できました。

シリカとは、「美のミネラル」ともよばれているほど、美容に効果があると言われています。他にも、ダイエット効果、健康促進効果もあるとわかっています。

さて入浴剤を入れてのお風呂実際試してみた効果はというと
肌の具合を肌計測器でみると

水素のめぐり湯入浴によるお肌の変化

上が入浴前、下が入浴後

数値でみても肌の状態がよくなっています。

一般的な肌の水分量は20〜30%です。理想的な水分量は40〜50%といわれていますので、お風呂に入った数分だけで一気に理想的な水分量にまずはなったといえます。

また、肌の理想的な比率は水分8:油分2だそうです。私はその比率でいくと油分が高いようですが、肌絶対の評価としては、入浴前が普通、入浴後はやや良くなったという結果になりました。

ちなみに翌日の肌を調べると、

翌朝の肌

昨日の湯上り後より水分量、油分量ともに下がったものの、全体的な肌の状態はやや良い状態を保っていました。

また、酸性は肌に優しいが美肌効果は弱く、アルカリ性だと美肌効果が高いといわれていますが、pH値を調べてみても、この入浴剤の効果を表す結果になりました。

 

上はお風呂にお湯をためただけの状態のもの

下は水素のめぐり湯を入れたもの

水素のめぐり湯のPHチェック

 

この入浴剤には、美肌効果が期待できるものが含まれているので、何も入れないお湯に浸かるより、この入浴剤を入れてアルカリ性に傾いているお湯に浸かる方が断然良いです。

私はどちらかというと乾燥肌ですが、子育てをしているので、特に入浴後すぐにボディークリームを塗ったりというメンテナンスが難しい状況です。

入浴剤を入れたお湯に浸かり、美肌効果や保湿効果があれば、入浴後にボディークリームを塗るまでの時間稼ぎができるのでありがたいと思っています。

この入浴剤を試してみて一番に思ったことは、保温効果があるということでした。やはり、子育てをしながらのお風呂だと、子どもが一番に来てしまうので、湯冷めもしやすいところですが、この入浴剤はしばらく経っても冷えないように思いました。

乾燥肌や美肌効果に関しては、すぐに結果は出にくかったですが、日々続けることで効果が現れると思います。

-人気の入浴剤

Copyright© 入浴剤の総選挙 , 2018 All Rights Reserved.