入浴剤おすすめランキング - 入浴剤の総選挙

入浴剤の総選挙

未分類

効果的な半身浴で、代謝アップでダイエット!

更新日:

一時期「ダイエットに効果がある!」として話題になった半身浴。

多くの女性芸能人やモデルも行っている、と試したことのある方も多いのではないでしょうか。

この半身浴、どんなところがダイエットに向いているのでしょうか?

正しいやり方を知っていますか?やり方次第で効果にも差が出てくるようですよ。半身浴の正しい方法と効果を知って、ダイエットに役立ててみませんか?

 

半身浴とは

「半身浴」とは、文字通り下半身だけお湯に浸かる入浴法です。

もう少し詳しく言葉にしてみると、お腹あたりまでの下半身を温めのお湯に浸かって汗をかくくらい入浴する方法。

女性を中心に流行していることもあり、最近のユニットバスは半身浴がしやすいように設計するものもあるんだとか!

 

正しい半身浴の方法

半身浴、と言ってもただ下半身だけお湯に入っていればいいわけではありません。正しい方法で行ってこそ効果が得られるものです。ぜひ正しい方法を知っておきましょう!

半身浴の前の準備

いきなり半身浴を始めるのではなく、事前に準備しておきたいことがあります。

半身浴を始める前に水分補給しておく

半身浴ではたくさんの汗をかきます。より汗をかきやすくするために、半身浴を始める30分くらい前にコップ1杯分の水分補給をしましょう。

常温の水か白湯にして、冷たいものやジュースなどは胃腸に負担をかけてしまうのでやめましょう。

浴室を暖める

半身浴では、上半身がお湯の外に出ていますよね。

浴室の温度が低いと上半身が冷えてしまって中々汗をかけません。特に寒い季節は風邪をひいてしまいかねません。

浴室暖房を使って程よく温めておくのがいいでしょう。

温め過ぎも良くありません。25度くらいがちょうどいいです。浴室暖房がついていない時は、湯船の蓋を開けて湯気で温めましょう。その分お湯の温度が下がることに気をつけて下さいね。

 

いざ半身浴!

いよいよ半身浴を行います。お湯の温度はぬるめの38~40度にします。

身体の芯から温まる温度が、このややぬるめの温度なのです。熱過ぎるお湯は身体の表面しか温まらず、のぼせてしまう可能性があります。

かけ湯で身体を温めてから湯船に浸かります。心臓に遠い足先から入りましょう。

お湯の量は心臓がお湯に浸からない程度、下半身のみぞおちが浸かるくらいにします。湯船に入ったら足を伸ばし、両腕はバスタブから出しておきます。じわっと汗をかき始めたら身体が十分温まっている証拠です。

目安としては大体20~30分くらいですが、体調や代謝など身体の調子にもよります。辛いのに無理して20分以上入る必要はありません。しっかり温まればOKです。

お湯に浸かっている間は雑誌を読む、音楽を聞く、考え事をする…などリラックスタイムとして活用するといいですね。

その間、お湯から出ている上半身はタオルをかけるなどして冷えないように気をつけましょう。

半身浴中に喉が渇いた時のために、水分補給が出来るよう水を用意することをおすすめします。脱水症状を起こす可能性もありますのでこまめに水を飲むといいですね。

のぼせてきた場合、頭を冷やすための濡れタオルや保冷剤もあると安心です。ゆったりした気持ちで半身浴を楽しんでくださいね。

 

半身浴のメリット

こんなに人気が出た半身浴、一体どんなところにメリットがあるのでしょうか。

身体にかかる負担が少ない

普通の入浴「全身浴」は、首から下がお湯に浸かりますよね。

お湯から身体に受ける水圧や温熱作用、血管拡張作用、浮力など様々な影響があります。身体にいいことがたくさんある一方で、負荷をかけていることにもなるのです。

長時間お湯に浸かるのであれば、半身浴は身体にあまり負担をかけずに入浴の効果を得られます。特に高血圧がある人、血管系の病気がある人は、ゆっくりお湯に浸かりたい場合は半身浴がおすすめです。

代謝アップ

半身浴直後に体重を測ってみると、入る前よりも減っていることが多いでしょう。

だからと言って「痩せた」というわけではなく、これは水分が身体から出ていったことによるもの。

一回の半身浴で消費するカロリーは30~50kcal程度だそうで、ダイエットに即効性があるわけではありません。

なぜ半身浴がダイエットにいいかというと、代謝アップが見込めるからです。

半身浴をすることで、身体が温まって血流アップします。

老廃物を外に出しやすい身体になり、体質改善につがります。半身浴そのもので脂肪を燃焼するわけではなく、代謝を上げて痩せやすい身体を作ることがダイエットにつながります。

美肌効果

半身浴で湯気を浴びることで、毛穴を開く効果があります。

汗をかくことで皮脂や老廃物も排出され、毛穴汚れの原因となっている角栓も柔らかく取りやすい状態になります。

毛穴が開いているので美容成分も浸透しやすくなりますよ。

ぜひスキンケアも丁寧に行って、痩せやすい身体だけでなく美肌も手に入れましょう。

冷え性の改善

お湯に浸かることによって身体が受ける水圧や温熱作用で血流が良くなることは先ほども出てきましたね。

半身浴はぬるめのお湯で時間をかけて身体を芯から温めるため、冷え性の改善にも効果があります。

熱いお湯に浸かるのが苦手な人でも、半身浴ならその点は問題ありませんよね。

むくみの改善

全身の血流がアップすると、身体の浮腫みに関わっているリンパ液の流れも良くなります。

汗と一緒に余分な水分・老廃物を身体の外に出す作用が高まって浮腫みを改善してくれるのです!

一日の終わりは特に足のむくみが辛い、という人も多いのではないでしょうか。

デトックス効果

リンパの流れが良くなると、質の良い汗をかいて老廃物が身体の外に出ていきやすくなります。

汗をかきにくい人は汗腺をトレーニングして汗をかきやすくする効果も期待出来ますよ。半身浴の前に水分補給をすると、より効果的です。

リラックス効果

人間には「自律神経」と呼ばれる神経があり、興奮状態になる時に働く交感神経とリラックスする時に働く副交感神経があります。半身浴で浸かるぬるめのお湯は副交感神経を優位にする働きがあり、リラックス効果があります。

また、副交感神経が活発になるほかに、入浴によって上がった体温を下げる放熱効果で安眠に導く効果もあるんですよ。疲れた、緊張してよく眠れない…という時にも半身浴はおすすめです。

 

全身浴と半身浴を比較したら・・・

ここまで半身浴のメリットを紹介してきましたが、「半身浴じゃなくて、普通にお風呂に入るだけではだめなの?」と疑問を持っても不思議ではありません。

ここで、全身浴と半身浴の違いについて検証してみました。

身体への負荷について

前述の通り、心臓や肺に水圧がかからないのは半身浴です。

ただし、これはぬるめのお湯に入った場合。熱いお湯に入ると、心拍数は全身浴でも半身浴でも同じように上昇することがわかっています。

では、心拍数はどうでしょう?お湯の温度が39℃と低めの時は、「全身浴」でも「半身浴」でもそれほど心拍数は上がりません。

しかし、この温度が43℃となると、全身浴では半身浴より10%ほど高い数字となります。

体への負担は半身浴の方が低いと言えます。

むくみの解消効果

むくみを解消するためのポイントとなるのは血流アップでしたよね。

むくみの解消には半身浴が注目されがちですが、普通にお風呂に入っても血流は良くなるのでむくみには効果あります。

血流アップに影響するのはお湯に浸かっている時間です。半身浴の方が全身浴よりも長時間入浴しやすい環境にあるので、その点では全身浴よりも効果があると言えるかもしれません。

汗をかきやすいのは半身浴?

半身浴は全身浴に比べて物凄い量の汗をかく…というイメージがある人もいるのではないでしょうか。

汗は体温を下げるために出てくるもので、全身浴も半身浴も特に差はありません。

強いて言うなら、半身浴はお湯に浸かっている部分が少ないので目立って見えるかもしれませんね。汗をかき始めるタイミングは、むしろ半身浴の方が遅いのです。

 

こうしてみると、半身浴と普通の入浴である全身浴を比べた場合に大きな差はないといえるかもしれません。でも、ゆっくり自分の好きな事を楽しむ時間に当られたり、長時間お湯に浸かりやすい状態で行う半身浴を好む人が多くいるのも納得です。「絶対に半身浴!」というわけでなく「今日は半身浴の気分だな」と思ったら取り入れる、など気分に任せるのがいいですね。

 

半身浴に+αでさらに効果アップ

半身浴でお湯に浸かっている時間、何もしないでボーッとしているのも魅力的です。気が向いたら、さらに効果がアップする+αを取り入れてみませんか?

入浴剤やアロマを使う

入浴剤やアロマオイルで、リラックス効果をアップします。

入浴剤やバスソルトには保湿・発汗などの効果もあって半身浴の代謝アップにも一役買ってくれます。ラベンダーなどはリラックス効果があるので有名ですよね。入浴剤にも様々な種類があります。

よく見かけるものをまとめましたので、「今日はこれ!」と選ぶ時の参考にしてみて下さい。

 

入浴剤の効果

身体を温める ミネラル、炭酸ガスなど
美肌 酵素、保湿成分など
温泉成分の効能 湯の花

 

アロマの効果

リラックス ラベンダー、カモミール、ローズウッドなど
リフレッシュ 柑橘系(グレープフルーツ、ライムなど)、ペパーミントなど
ストレス解消 イランイラン、ベルガモットなど
安眠 マジョラム、マンダリン、ネロリなど

ブレンドしてオリジナルの香りを楽しむのもいいですね。

 

マッサージ・ストレッチを行う

半身浴しながらマッサージやストレッチをすると、むくみ解消を促進します。特にリンパが滞りやすいのは、

①足のくるぶしのくぼみから付け根の方向

②膝裏のくぼみから脚の付け根の方向

③脚の付け根部分から胃の方向

④手を上げた状態で、わきの下から鎖骨の方向

の方向です。両方の指を使ってマッサージしましょう。リンパマッサージの効果で老廃物を流して排出しやすくします。

 

半身浴の注意点

半身浴は思った以上に体力を消耗します。行うにあたって、注意したい事をまとめました。あまりに長時間連続するのは避けてください。

目安の時間は20~30分くらいだとされています。

もし30分以上続けたい場合は、一度休憩しましょう。しっかり水分を補給してから続けて下さいね。脱水を起こしてしまう可能性があります。

食後すぐは入らない

食後すぐは、消化のために胃腸に血液が集中しています。半身浴を行うことで血行が促進されて胃腸に集まるはずの血液が循環し、働きが悪くなって消化不良になることがあります。これは普通のお風呂でも同じことですね。

もちろんお酒を飲んだ後も危険なのでやめましょう。

乾燥肌の人は短めに

半身浴で毛穴が開きやすくなることによるデトックス効果はもちろんあるのですが、同時に肌に必要な水分まで出て行ってしまいます。

一時的に肌が潤ったように感じますが、逆に乾燥しやすくなってしまうのです。

特に乾燥肌の人は、乾燥が悪化することがありますので時間は短め、入浴後の保湿はしっかりと行うようにして下さいね。

 

まとめ

半身浴について、正しい方法と効果をご紹介しました。

ポイントはお湯の温度とお湯に浸かる時間のようですね。半身浴でリラックスしていると、特別な時間を過ごしているような気分になりませんか?

身体だけでなく心も満たされるのが半身浴ならでは、と言えるかもしれません。

水分補給はしっかりと行って、ちょっとした贅沢として半身浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

半身浴のお供に最適な入浴剤レビュー:ホットタブ重炭酸湯の効果とは!美肌効果は微妙だけど冷え性改善には最強!

-未分類

Copyright© 入浴剤の総選挙 , 2018 All Rights Reserved.